この時期ならではの…

.





おはようございます!










いやーお盆真っ盛りですなー

どこ行っても人だらけですねー



とかこの時期独特のそれらしい事言ってるけど…

良く考えたらワイは自宅を中心とした半径2キロ範囲しかウロウロしてない事に書きながら気が付きました!



あまおうでおま!


皆さん如何お過ごしですか?








お盆とか正月とかGWとかの大型連休に良く思う事あんねんけどここで書いていい?




書いていい?




競馬と関係一切無いけど書いていい?






まぁワイの自己満ブログやから返答無しに結局書くんやけど…ね…




大型連休や世間の長期休みの度に…
ワイの生活範囲内でも我が故郷の…

大阪弁
あるいは関西系の言葉が耳に入って来る事が良くある




ワイの住んでる所は普段からTwitter、ブログなんかを見てくれてる人は大体想像はつくやろうけど…


それでもワイは敢えてボカすけど…

ワイの住んでる区には都庁や日本一と言われる繁華街やなんや諸々ある所やねん←

(某ウインズがチャリンコ圏内なんやね)



そこまで言っておきながらなんでボカすのか?





誰も詮索せんやろうけど…ww

ネットしてる上でなんだかんだ特定されて
頼んでも無い出前が届きまくったらイヤやろ?ww

ネットって怖いからな



まぁこの時期はワイの家の周りの○○伎町も普段は飲み客か外国人観光客ばっかりやのにこの時期は日本人観光客もちらほら見かける…


やっぱりワイも大阪の子やから街中で聞こえる大阪弁、関西弁には「ピクッ」と反応する訳や



こっち出て来てからはワイも大分大阪弁もマイルドになり標準語も使えるようになった(地元民からは裏切り者扱いだがなw)


ワイは故郷の大阪弁を否定する訳でも無いしこっちに観光来てる関西地方の人に故郷の言葉を使うなとか

そんな訳のわからんような事は言うつもりは一切無い

そして大阪弁、関西弁を一切否定する気持ちも悪意も嫌味も無い


そしてワイは今は都内で住んでるけど今でも地元、大阪や関西が大好きや!



ってのを踏まえてこれから先の文章を読んで欲しい。











ただワイがこっち出て来てから個人的に思う事やねんけど…


こっちに来て間もない人間や観光に来た人に言いたい事がある



「お前地元でも使わんような大阪弁、関西弁を○○新喜劇の○籔みたいなちょっと小難しい日常使いせんような古い特殊な大阪弁を敢えてドヤって使うなボケぇぇぇぇぇっ‼‼‼
しかも公衆の面前とか公共機関の中で敢えて語尾にアクセント付けてまでこれ見よがしに使うなやっっ‼お前らっ‼同じ関西から出て来た人間が聞いたら違和感しかないからなっ‼聞いてるこっちがなんか恥ずかしなるわっっ‼‼ボケぇぇぇぇ‼‼」



っとワイの本音である。




地元が関西の人はわかるかもしれない

他の地方が出身の人には全くピンとこないだろうからわかりやすい

例え

・吉本芸人が使うようなオーバーな関西弁、もしくは特殊なお笑い業界の言葉

明石家さんまが使うような「でんねん、まんねん言葉」



ハッキリ言うと今時そんなん地元で使ってる奴ある程度の年齢いってる人が使うんやったら分かるけど若者とかがそんなんイキって使ってんの見てホンマに恥ずかしいからやめて…w

大阪弁だけでも色々と各地方によって少し言葉使いが違うけど
ワイは家庭環境が複雑で育ったものの
ザックリ言えば
両親が北摂地方の人間で(兵庫、京都寄り)でワイはほとんどをミナミで生まれ育った(グリコらへんね)
んで母方の父母が河内地方と泉州地方やったから耳で大阪弁の大体の一般的な言葉を聞いて育ったわけやけど…


あんなん言ってる奴は大体地元帰っても絶対にそんな言葉使ってないと思うけどな!w





と毎回大型連休がやって来る度に思う事を自由気ままに書かせてもらったが…

Twitterで呟いてもええようなどーでもええ話やけど…

文字数制限のあり、誤解が生じるし気分を害す人も出て来るかもと思ってブログで書かせて貰ったけど悪意は無いないからね←



単なる愚痴ブログでしたw



そしてワイがブログ、Twitterで使ってる大阪弁は完全にキャラである←
実際はまぁ普通のマイルド関西弁である←



あと良くワイが言ってる



・ボケぇぇぇぇ!

・集中する!


は、
最近人に言われて初めて気付いたけど方言とかじゃなくただの口癖である←


ボケぇぇぇぇ=愛情 である

集中する(するとは言ってない)

と脳内変換してくれたら有難い。





まぁそんなこんなで今日もボチボチ行くかねw






ワイは今日1日馬券に集中する←




終戦記念日にまともな大人が書く内容のブログではないんだろうけど…


皆さんも良い1日を


スポンサーリンク