あまおうと馬券 隙あらば自分語り 8 パドック,返し馬で一体何を見てるのか?




おはようございます!










「ニコるんビーーーーーーーーム‼‼」



って‼
アカーーーーンっ昨日と同じパターンでブログ始まってもうたでこれ…
これ昨日と一緒のパターンか?ww
と頭お抱えの皆さん


素晴らしい朝の訪れとともに…


あまおうでおま!


今日はすこーし真面目な話をちゃんと書きたいと思ってるで()











ワイは良くTwitter

「狙いはもう決まってる後はパドック,返し馬~~」


「後はパドック,返し馬~~~」


「後は~~~~」


って発言してる訳やけど、お前は一体何を見とんねん!って言う話を軽くながらブログに書こうと思う。

まぁ何時も言ってる事やけどあくまでもワイ個人の見方やからね。
この要素の見方の重要性の優先して見てるポイントとかは競馬関係者や騎手でも見解が多種多様で正解なんか見当たらない状態で実にオカルト的要素なのは歪めないが…

まぁ【諸説あります】程度で聞き流してくれたらええと思う。


それに加えて、ワイ自身が年間で中央、地方含めて膨大な数のパドック,返し馬を見て、時には録画したのを繰り返し見たり
各々馬の特徴や癖、各騎手の返し馬の傾向なんかを把握した上で見てるって事も頭に置いておいて考えて欲しい。


ワイは時間を持て余してるのもあってやれる事やってるってだけで…
当然仕事なんかで毎回見れない人もおるのも承知で書くが


まぁそもそもが関係者では無いワイら普通の馬券購入者は普段競争馬を見るシーンは正直、レース映像、パドック、返し馬程度で後は番組で取り上げられないと見る事も出来ない。

だからレース中以外で馬を見る機会があるパドック,返し馬はワイの中では凄く重要性を勝手に感じて見てるのは事実、

しかしワイの見方は勝つ馬、馬券に絡むようなノーマークの好走を見せる馬を見つけるモノでは無い←(重要)



世の中の凄い馬券猛者達は中にはそれをパドック,返し馬で見つけだす事を出来る人もおるけど…ワイは全くそれが出来ない。

予想,買い目が決まった後の最終確認的なモノでパドック,返し馬で評価を下げる事はあっても他の好評価の馬を組み込んだり…自分の買い目を変えるとかは一切無い!

下げたからと言ってもうそこは大丈夫なラインと見なしてそのまま買うのか,
このレースは見にするかだけの選択の話になるだけなのである。


パドック,返し馬で勝ち馬なんかやそれを元に買い目を見つけられる人の見方は加点式

1+ ~ の見方

ワイの見方は減点式

1- ~ の見方

と言う認識であくまでもパドック,返し馬はワイの中では最後の確認作業の一環なのである

勿論自分の予想を出し買い目や金額が決まった状態で見てるって事ね


じゃあ軽くながら…ワイの見てるポイントとして軽ーくながら説明させてもらう



パドック


まぁ映像で見る範囲内での

入れ込み,掛かり具合,歩様の運び方,歩様の異常,首の使い,異常な発汗は無いか,毛ヅヤ,馬体重の増減による見た目,見えるのなら目,


まぁー軽く言ったらこんな所かな。
各々の馬自体の癖的なモノは把握した上で見てるかな。
最初は一般的に良いと言われてる仕草とかを注目して見てたらええと思うで

あと馬体に関しては血統や個体差が激しすぎるので馬体の全体象から入ってしまうと迷走しやすいとも言える。


ワイはその中で重要視してるのは
把握してる癖や前回見た時との変化と歩様の踏み込み(個体,体格差あり)を重要視してるかな



続いて返し馬
これがワイはちょっと人と見てるポイントが違うかも知れないから一応軽くだけ触れとく←




ワイは返し馬で最重要に見てるのは



・追い出してからの手綱の伝わり方(馬の反応)



ここを最重視してるかな。
手応えが見えないとね…
鞍上が馬を操るのにしっかりと反応出来てないと元も子も無いからね


本当に力を出せる状態にあるのかどうかがここに掛かってると個人的に思う。
多少のパドックで良く見えんくてもここだけで決断する事もある!


追い出し方の強弱の度合いにもよるけども…首の高さや終われてからのフォーム、
この時イヤイヤしちゃう馬も中にもおるけど…意外と普通に本番ちゃんと走ったりするからあまり当てには出来ない。
最初の始動フォームとかを気にするなら普段からその馬がどんなフォームで走ってるのかしっかりと把握しとくべきやと思う。(過去の好走時凡走時も含めて)


そして騎乗してる騎手に寄って追い方の癖や返し馬の傾向もその馬に寄って考えながらやる騎手が殆どなのでその傾向の癖も過信しすぎは良く無いが頭のどこかにそれぞれ入れとくのを推奨する。

見方のコツとしては現地で初めは一頭を集中して目で追って見方に徐々に馴れていくのが最も有効だと思う。

中央の場合、グリーンチャンネルの映像でも良いんだけど馬番で順番に写して行くので見たい馬の馬番に寄ってはまだ追い出して無かったり、追い出した後やったりするから他の馬の順番の後ろや横なんかに映ってるをしっかりと目で確認しなければならないので注意な…



やっぱり現地で返し馬見てたら混雑状況に寄っては締切時間に間に合わなかったりするので…ワイは万が一の時の為にPATにも同額入れてスタンバイしてるか、
券売機に並びながらグリーンチャンネルWebでスマホ片手に返し馬見てたりもすると言う見えない努力はしている。ウインズでも←

なるべくは馬券生活者的にはPATよりも馬券で買いたいのが理想やけどね…







お前けどパドック,返し馬ともに減点方法でもう予想も買い目も金額の振りも決まってるのにそこまで重要なの?アホなの?




と思う方は勿論いらっしゃるだろうが…

ワイの中では重要の中の重要やで!

ワイみたいに馬券生活者や馬券を極めた猛者。
まだまだ高みを見てる者にとっては凄く重要!

そこそこの予想理論や買い方理論、金額の振り方理論、なんかをある一定の以上になってくると…勿論普通の馬券上手とは一味違った高い収支を維持できるようになる。

しかしそっから長い期間経つと
頭打ちや限界を感じるようになる…

そしてそれを伸ばす上で一つの事極めに走ったり色んな試行錯誤をするようになったり他には無い独自の理論を探しだして新たな可能性を探ったり追求したりする。

その中でワイは決して数字には現れない部分を大事にするようになり更に飛躍した。



それがパドック,返し馬


も、その1つって訳ね





予想もレースの選定も馬券理論も買い方(金額の振り)もどれも大事。
けど数字に出んの部分での強みって凄い大事。


競馬は投資でも無く博打である。


そして生き物が争い合い競争しあう博打である。


数字や法則買いで買ってるだけでそれなりにプラスになる理論も勿論あるだろう…

そしてそれで充分と思うならワイはここまで競馬、馬券に夢中にならなかっただろうな…

けどワイは普通じゃ無い生活をしてる訳だから普通では獲られない高みを目指したい訳やしね。



たかが最終確認のパドック、返し馬と思うかも知れないけど意外と馬鹿に出来ないんやで!


軽い気持ちであくまでも書ける範囲で書かせて貰ったが…
競馬の中でかなりオカルト要素の強い部分をワイは大事にしているって事を軽くながら書かせてもらったが…

一流ジョッキーでも
パドックなんか見て何がわかるんですかね?」

とか言ってる人もいたり
騎手や調教師、関係者も言ってる事がまちまちの「パドック,返し馬」やけど…


ワイらは馬券を買うだけで普段トレセンにいるその馬の様子や性格を把握出来てる訳でも無いから捉えようによっては少しは役に経つんじゃないかなと思う…。

軽くながら書かせて貰ったが突き詰めていったらワイにもまだわからん事も沢山ある。



これからパドック,返し馬の要素を馬券に組み込もうと思う人なんかはとりあえず数こなして馬それぞれの癖とか自分の買う馬がどんな馬なのかと言う個性を掴むところから入ったらええと思うよ

これも難しい所で生き物だけに個性があるし一概にこれが良いってのもその馬それぞれなんでね…

まぁ生き物だけに難しいけどな


殆どの人が限り無く無理やけど
ホンマのワイの推奨は画面よりかは限りなく現地で見るのが一番ええと思う。

けど心配せんでも画面でも充分伝わるから色々と自分なりに模索していったらええと思う。




最初今日は昨日同様ふざけてブログ書こうと思ってたのになんか少し真面目に書いてしまった事を別の意味で反省する←

そしてまだ下書き段階の「あまおうと馬券」のシリーズでもっとも書きたい、買い方とかの話は未だに下書き段階でまだ毎日少しずつ書きたしてる段階で進んで無い事も反省する←




まぁワイが一言に


【馬券を買う】


と言う行為の前にここまでしてると言う事も少しはわかっていただけただろうか?

いつも何となくなんかで馬券を買ってる訳でも無く、しっかりレースを厳選し予想し金額の振り方も厳選しそして馬の状態、馬場の状態
しっかりと最終確認の買うか買わんかを決めて馬券を買っている訳やで。


昨日も地方のレースを眺めながらしっかり判断し、結局は1Rも買わんかったけど…

ワイは人よりも競馬に費やす時間もある分人よりも見えない所で努力しながら馬券を買ってるよ



今日は馬券を買え勝負できたらええけどね






ほな
皆さん
今日も良い1日を。



スポンサーリンク